高級輸入車ブランドVS世界のトヨタ最高級ブランド

ドイツ高級車とトヨタの最高級ブランドの違い

BMWやメルセデスで「この車は500万円です」と言われるとクラスによってだが「この車が500万円で購入できるのか」と感じるが、レクサスで「この車は500万円です」と言われると、とても割高な感じがしてしまう。

これはレクサスは「やっぱりトヨタ車だ」という認識をしてしまっているからかも知れない。

トヨタからしてみたら、内装やシートの生地、装備、など贅沢の限りを尽くしたのだろうが、実際は「レクサスはトヨタ車」というイメージが強い。ブランドイメージの要でもあるデザインが、どうしても国産車なのだ。車には「顔」というものがあり、その「顔」がレクサスには有って無い様なもの。目印と言えばLデザインのエンブレムのみである。

このエンブレムをトヨタエンブレムに変えても何ら違和感なく、むしろシックリくるのではないか?
確かに以前に比べて輸入車の販売店は増えているが、レクサスの販売店のようにあちらこちらに店舗があるだろうか。

そこもレクサスが高級ブランドになり切れていない点のひとつだと思う。レクサスの販売店があちらこちらにあるという事は「どこでも買える車」でトヨタ車との差は価格帯とエンブレムデザイン以外、特に無いのだ。要するに「プレミアム感」が足らなくなる。トヨタ車の販売店を出している会社にレクサスの販売店も任せたのが、大きな誤算のような気がする。

例えば、トヨタ自動車の直営店で販売店の数も今の半分くらいだったら違ったのではないだろうか。これはレクサスが国産車だからできる販売方法で、代理店としてのみの販売しかできない輸入車との大きな差別化をはかれたのに、とても残念に思う。直営店という「プレミアム感」は国内外問わず、まだどこのメーカーもやったことのない新しい販売方法だと思うのだが…

トヨタエンブレムの車が世界で認められているメーカーから生まれた、最高級ブランドのレクサス。もっと冒険して成長して、海外の高級ブランドの車を追い越す魅力が欲しいものである。まずはトヨタ車で存在していた車種がベースになっていては「いまいち魅力に欠ける」ままではないだろうか。

レクサスのオリジナルデザインの車種もあるが、結局はベースとなる車種をアレンジして、車種名のアルファベットを少し変えているだけでは、レクサス車に詳しい人間以外には「どう違うの?」で止まっているだろう。実際に私がそうである。ISという車種がある、そしてISfという車種もある。違いが全く分からない、fが付いてるから何かが違うんだろうな…そんな程度である。

せっかく世界のトヨタ自動車が作る最高級ブランドの車。色々な部分が輸入車よりも魅力を感じる車を作っていってもらいたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする