セルシオで行く!札幌→帯広の旅

セルシオドライブは長距離ドライブも最高

先日、家族で帯広に住む親戚に会いに札幌より3時間半かけて自走で行って参りました。
その時のお話です。

私共家族は今月始めに、ファミリーカーとして”セルシオ”を納車致しました。夫婦揃って好きな車種でしたのでとても楽しみにしており、「納車したら帯広の叔父さんの家に遊びに行こうね」と話しておりました。
さて、私共の自宅は北海道札幌市にあり、叔父さんの家は帯広にあります。

何度か行ったことがありますが、家からは大きな峠を2つ越えて、片道3時間半程かかります。

昼に行くと道が混むのでいつも夜中のすいている時間帯に行き、途中車中泊するのですが
以前に行った時は軽自動車でしたので狭く、シートも硬くて体がとても痛くなりました。

今回は10年落ちではありますが当時800万円程していた高級車のセルシオでしたのでとても快適でした。
軽自動車と比べるのも変ですが、本当に比べ物にはならない位乗りやすかったです。

まず、3時間半と長い時間でしたが、座っていても、運転していても疲れを感じにくかったです。

夜はサンルーフから星が見えてとても綺麗でしたし、エアコンもヒーターも効きすぎる程に効くので、暑い寒いも感じることはありませんでした。

エアサスだからなのか振動も少なく、殆ど揺れをかんじることもありませんでしたし、エンジン音も車内では全くと言っていいほどに聞こえず、無音でした!
峠の中腹の休憩スペースにて仮眠を取りましたが、革シートで程よい弾力もあり、体もとても休まりました。

帯広に着いてからも、叔父さんを乗せてショッピングモールや、お昼にはご飯屋さんにも行きましたが、叔父さんも「凄くいい車だね」と言ってくださいました。
帰りは叔父さんを家まで送り、叔父さんのお家で夜ご飯をご馳走になってから帰路につきました。

セルシオについてただ1つ、難点があるとすれば、横幅も長さも大きいので運転が難しい所でしょうか。
今まで軽自動車に慣れていたのもあってか、最初はとても戸惑いました。

トランクもボンネットも長いので細い道を曲がる時は大きく曲がらなければ擦ってしまいそうです。

それに加えて、ボンネットが少し盛り上がっているので前も見にくいです。慣れるまでが本当に大変でした。

慣れないうちの遠出だったので大変な思いはしましたが、セルシオのおかげでとても楽しく充実した時間を過ごすことが出来ました。
また今度のお休みには、セルシオに乗って出掛けたいと思います。

本当に、セルシオを買って良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする